スマホ育児は子供の成長に悪影響?

2017/10/20
 
スマホ育児



この記事を書いている人 - WRITER -
妻と3歳の息子と楽しく暮らす41歳父ちゃん 人生の中でのちょっとしたお得に感じる情報を紹介していきます 2017/6/20現在

現在の日本ではスマートフォンが普及した事によって『スマホ育児』について騒がれています

 

子供に『スマホ』『タブレット』を渡し動画を見せている間に家事などを済ませたり、育児系のアプリを使い子育てをする親御さんが増えているのです

 

そんな『スマホ育児』については様々な意見が飛び交っていますがいったいどんな影響があるんでしょうか?

過半数の親がスマホ育児に頼る現状

小さなお子さんがいる家庭では子供にスマホタブレットなどで動画を見せている事が多いのでは?

 

我が家でも3歳の息子に毎日スマホでYouTubeを見せています

 

長時間見せ続けちゃうことなんてしょっちゅうなんですが『目に悪いかな?』とか『脳に良くないかも?』と思いつつも、ついつい見せてしまうんですよね…

 

皆さんにも思い当たる付しがあるのではないでしょうか??

 

現在、1~6歳の子供にスマホやタブレットを見せる割合がおよそ6割になるそうです

 

 

 

スマホ育児は賛否両論

『スマホ育児』に対する意見は様々で乳幼児の頃からスマホやタブレットを見せるのは良いのか?悪いのか?と色々なところで議論が巻き起こっています

 

 

客観的な意見

子育て経験のない方やスマホ世代ではない親御さんからすると『スマホ育児』に対してはやはりマイナスな面が多いという理由から悲観的な意見が多くみられます

 

「小さいうちから頻繁にスマホを見るのは目が悪くなるのでは?」

「子供の脳の発達なの影響が出てしまうのでは?」

「親のスマホ依存によるネグレクト(育児放棄)ではないか」

 

など子供の身体的影響、スマホ依存になるなどの意見や育児放棄ではないかなどの厳しい意見まで出ています

 

主観的な意見

子育て中のママさんや子育てに一段落ついたばかりのママさん達の多くは

 

「やりすぎは良くないと思うが多少は多めに見てほしい」

「知育の為に時間を決めて使っているからいいのでは?」

 

など、節度をもった活用をすればいいのではないかという肯定的な意見を持っているようです

 

 

スマホ育児が及ぼす影響とは?

『スマホ育児』によって様々な影響が起こり得ると考えられているんです

 

子供に与える影響

0歳から6歳頃までの間、目から入った情報が脳に伝わり両目でバランス良く遠くまでものを見たり、目のピントを調節する機能が育つ大切な時期なんだそうです

 

遠くのものよりも近くのものを見る方が目が疲れやすいとされています

 

大人でも本を読んでいると目が疲れるのと同じ事だと思います

 

その為『見る距離が近い』スマホやタブレットを長時間、見続けることは好ましくないようです

 

しかし、スマホやタブレットを見ること自体が悪いわけではないようなんです

 

子供自身がスマホに興味を示しているようなら「おもちゃの1つ」として短時間見せることに問題はないようです

 

その場合、30㎝以上離して15分程度と時間を決めて見せるようにしましょう

 

スマホを短時間見せたからといって発達に著しく影響が出るわけではなく、長い時間をかけ様々な要因が寄せ集まって発達していきます

 

その中で単一的な『スマホを見せたから』発達に悪い影響を与えてしまうということはないそうです

 

パパさんママさんへの影響

スマホ育児は子供だけでなくスマホを活用するパパ、ママである親にも影響が出る恐れがあります

 

それは『親のスマホ依存』によるネグレクト(育児放棄)に陥ってしまわないかということです

 

親がスマホに夢中になってしまうことで子供に目を向けることが疎かになり

 

子供の『小さな変化』に気付けないことや子供への対応を後回しにしてしまう

 

など『子供の放置状態』へと繋がってしまうことの心配があります

 

幼児期の間は親と子が目と目を合わせることで情緒的な繋がりの『愛着』を築く大事な時期です

 

親のスマホ依存によって、この愛着が築かれないと『愛着障害』になってしまう恐れもあります

 

子育てで困ったことがあればスマホで検索すれば大抵の事は解決出来る世の中になってきていますが

 

そのスマホに気を取られ過ぎてしまって子供への目配りが疎かになってしまっては本末転倒ではないでしょうか

 

 

スマホ育児のメリット

スマホ育児には悪い影響だけでなく、少なからず良い面もあります

 

子供にもたらすメリットは?

小さいうちからスマホを長時間見続けることはあまり良くないことですが短時間の使用で上手に活用すれば『子供の知育』になります

 

スマホを見ることは子供の『想像力』『知的好奇心』『考える力』を養うことが出来ます

 

現在は知育アプリなんかも充実しているので活用している人もたくさんいますね

 

この時にスマホを子供に渡して終わりではなくパパやママと一緒に操作したり絵本代わりに使ったりと『親と子で一緒に使うことが大事』だと思います

 

親がきちんと管理して利用する事で小さな子供でも悪い影響を受けずにスマホを使用することが出来ます

 

パパ、ママへのメリットは?

子供がぐずったり泣いてるときにスマホを渡すと機嫌が良くなり、スマホに夢中になってくれるので外出先や公共機関の利用時などは大助かりですね

 

スマホを見てる間は大人しいので自分の時間を持てる事も魅力の1つなんだと思います

 

やはり小さなお子さんがいると子供に掛かりっきりになるので親が自分の時間を作る為にスマホを渡してしまうことが『スマホ育児のきっかけ』のような気がします

 

実際に我が家はそういった経緯でスマホを渡すようになっちゃいましたしね

 

ほんの少し子供から離れて息を抜くことでストレスを軽減させ、その後穏やかな気持ちで子供と接することが出来る為のスマホ活用ならばメリットと言えるのではないでしょうか?

 

スマホ育児を上手に活用していこう

スマホ育児は悪い影響を与えてしまう可能性も秘めていますが、けして悪いことばかりではないと思います

 

まずは親がスマホ育児についての認識を高めて、重要なポイントをしっかりと押さえスマホを上手に活用することで

 

スマホ育児は『駄目な育児方法』ではなく、『賢い育児方法』になっていくのではないでしょうか?

 

子供の成長は親と子の生身の人間同士が接することで育まれることがたくさんあります

 

その合間合間でオモチャや絵本を使った従来の子育ての代わり程度、という考えでスマホ育児を活用していくことが良いのかもしれませんね

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 

Mother’s Day

母の日特集

母の日の贈り物におすすめしたい

スペシャルギフト5選

詳細はこちら

 

──────────────────

 

『賢く節約・お得に割引』

知らないと損をする【節約】や【割引】に関する特集記事の中から、お得なサービスや特典を探してお役立てください

記事一覧はこちら

 

──────────────────

 

愛車の買取価格が10秒でわかる

メーカー・車種・グレード・年式・走行距離

の5項目を記入するだけで

リアルタイムの買取予想価格を算出

愛車の買取価格を今すぐチェック

 

──────────────────



この記事を書いている人 - WRITER -
妻と3歳の息子と楽しく暮らす41歳父ちゃん 人生の中でのちょっとしたお得に感じる情報を紹介していきます 2017/6/20現在

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©2017 知っ得net