スマホ決済

楽天ペイのはじめかた!おすすめポイントは?実際に使ってわかったメリットとデメリット総まとめ!!

楽天ペイメリット&デメリット
父ちゃん
父ちゃん
どうも
最近、楽天ペイをはじめたばかりの父ちゃんです

現在、楽天の各サービスを利用している方はたくさんいると思います

楽天市場や楽天ブックス、楽天銀行に楽天カードなど様々なジャンルで活用できるサービスがたくさんあります

そんな数ある楽天のサービスの中から、楽天を利用しているなら活用するべき便利でお得なキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」を紹介したいと思います

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットやおすすめポイントなどをまとめていきます

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

「楽天ペイ」とは?

楽天ペイとはスマホを使ってクレジットカード払いができるスマホ決済アプリです

街でのお買い物の支払いをスマホに表示させたバーコードやQRコードを使って決済するというとてもスマートな精算方法が取れるサービスです

【画像タップで拡大】

 

「楽天ペイ」登録方法

【楽天会員の方】

  1. 「楽天ペイ」アプリのインストール
  2. 対応クレジットカードの登録

 

【楽天会員じゃない方】

  1. 楽天会員登録
  2. 「楽天ペイ」アプリのインストール
  3. 対応クレジットカードの登録

 

「楽天ペイ」は楽天会員なら簡単に登録することができ、すぐに始められます

また、楽天会員になっていない方でも楽天会員登録さえしてしまえばあとは簡単登録で「楽天ペイ」を利用することができます

父ちゃん
父ちゃん
楽天会員登録は無料だから登録しておいても損はないと思うよ

 

対応クレジットカード

「楽天ペイ」に登録できるクレジットカードは国内で発行されたVisa・Mastercardです

楽天カードならすべてのブランドに対応しているので登録するなら楽天カードがおすすめです

楽天カード以外で発行されたJCB・American Express・Diners Club・Discover・海外で発行されたカードなどは使えません

母ちゃん
母ちゃん
楽天カードじゃなくても対応しているカードなら登録できるのね!
父ちゃん
父ちゃん
そうだよ!
だけど楽天カードを登録したほうがとってもお得なんだ
詳しいことはあとで紹介するよ!

 

街のお店での支払い方法

街のお店で「楽天ペイ」を使った支払い方法は3通りあり、それぞれの手順は以下の通りです

コード

アプリを開いてバーコード・QRコードを提示して読み取ってもらいます

【画像タップで拡大】

QR払い

レジで表示されたQRコードをスマホで読み取ります

【画像タップで拡大】

セルフ

アプリの「セルフでお支払い」を選択し支払うお店を選び金額を入力、「お支払いボタン」をスライドさせて完了

【画像タップで拡大】

 

オンラインショッピングでの支払い方法

「楽天ペイ」が使えるオンラインショップで買い物をする場合、楽天IDでログインできるショップと会員登録をしてログインするショップがあります

それぞれのログイン方法で買い物をして楽天ペイ決済をする方法を以下にまとめます

楽天IDでお買い物&楽天ペイ決済

  1. 「楽天ペイ」提携のショップ一覧で楽天IDでログインと表記されたショップを選ぶ
  2. 商品を選び購入手続きを進め楽天IDでログイン
  3. お支払い方法選択で「楽天ペイ」を選ぶ
  4. 「楽天ペイ」楽天IDでお支払いをクリック

 

「楽天IDでログイン」のショップを選択

 

①商品選んだら購入手続きへ進み「楽天IDでログイン」をクリック
②「楽天会員情報」を確認し「OK」をクリック

【それぞれの画像はタップで拡大できます】

③「楽天ペイ」を選択し次へ
④内容に間違いがなければ「楽天ペイ」でお支払い

以上が「楽天ID」でショップにログインし買い物&「楽天ペイ」での支払いをする手順になります

ショップの会員登録でお買い物&楽天ペイ決済

  1. 「楽天ペイ」提携のショップ一覧の楽天IDでログインと表記されていないショップを選ぶ
  2. 商品を選び購入手続きを進め必要事項を入力しショップにログイン
  3. 購入手続きをすすめお支払い方法選択で「楽天ペイ」を選ぶ
  4. 「楽天ペイ」楽天IDでお支払いをクリック

 

「楽天ペイ」提携ショップ一覧で「楽天IDでログイン」以外のショップを選択

 

①商品を選択し購入手続きをすすめていきます
②必要事項を入力しショップにログイン

【それぞれの画像はタップで拡大できます】

③お支払い方法の選択画面で「楽天ペイ」を選び次へ
④内容確認をして「楽天ペイ」でお支払い

以上が「楽天ID」でログインができないショップでのお買い物&「楽天ペイ」での支払い方法手順になります

 

楽天ペイを使うメリット

スマホ1つで買い物ができる

コンビニでちょっとした買い物をするときはカバンや財布を持たずにスマホだけ持って行ける身軽さがうれしいという声が多数あります

しかも、現金払いだと小銭の出し入れやポイントカードの提示など会計時に時間がかかりますが「楽天ペイ」なら小銭の出し入れは不要、ポイントも同時に付与されるので手間と時間の短縮になります

クレジットカードよりも支払いが早い

クレジットカードを利用した場合、店員のカードリーダの操作や暗証番号入力、サインをするなどそれなりの手間がかかります

しかし、「楽天ペイ」ならアプリを開いてバーコードを読み取ってもらうだけで支払いと楽天ポイントの付与が同時に完了します

なんといっても、このスピーディーさが「楽天ペイ」の売りと言っても過言ではありません

楽天市場以外のオンラインショップでもポイントが貯まる・使える

「楽天ペイ」提携のオンラインショップなら利用額100円につき1ポイント(還元率1%)の楽天スーパーポイントが付与されます

街でのお支払いでもらえるポイントは200円につき1ポイントなので還元率は0.5%です

オンラインショップ利用時のポイント還元率は街でのお支払い時にもらえるポイントの倍になるのでかなりお得に買い物ができます

さらにポイントを利用してオンラインショッピングを楽しむことも可能です

コンビニだとポイントの三重取りが可能

コンビニで「楽天ペイ」を利用した場合に付与されるポイントは以下の通りです

  1. 「楽天ペイ」利用で200円=1ポイントの楽天スーパーポイント
  2. 登録したクレジットカードのポイント
  3. Pontaカード・Tカード・dポイントカードなどのポイント

 

上記のように「楽天ペイ」とあわせてコンビニの各種ポイントカードを提示すればポイントの三重取りが可能になるんです

父ちゃん
父ちゃん
ここで、父ちゃん式おすすめポイント!
ポイントはできるだけ1つにまとめる方がいいから、登録するのは楽天カードがベストだよ!

さらに、ポイントに関するメリットとして、現在「楽天カード」を持っていない方は新規入会&利用で楽天スーパーポイントが5,000ポイントもらえます

「楽天カード」を持っていない方はポイントの三重取りをする前に5,000ポイントもらえてしまうというラッキーなメリットまであるんですね

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

期間限定ポイントを効率よく消費できる

楽天には期間限定ポイントがあり、この期間限定ポイントは特定のキャンペーンなどで付与されたポイントで、それぞれに「有効期限」が設定されていて有効期限を過ぎると自動的に失効してしまいます

父ちゃん
父ちゃん
せっかくもらったのに有効期限切れで失っちゃうのはもったいないなぁ
母ちゃん
母ちゃん
そうよね!
だから有効期限内に予定外の買い物をして消費してるのよね

このように期間限定ポイントを無駄にしないために無理に買い物をしたことがある方も少なくないと思います

そこで、この期間限定ポイントを無駄なく効率よく使えるのが「楽天ペイ」なんです

特に普段コンビニを頻繁に利用する方ならすっきり効率よく期間限定ポイントを消費できますね

その都度、利用するポイントを指定できるので期間限定ポイント分だけ利用という使い方も可能です

 

ポイントの使い方

各種サービスで貯まった楽天スーパーポイントは1ポイント=1円から「楽天ペイ」で使うことができます

ポイントを使うには「楽天ペイ」アプリでポイント利用設定をする必要があるので以下にまとめます

コード表示で支払う場合

「楽天ペイ」アプリを開いてコード表示画面の右下にある「設定」をタップ

QR読み取りで支払う場合

商品購入時お店で発行されたQRコードを読み取ったあと、お支払い確認画面の右下にある「設定」をタップ

セルフで支払う場合

金額入力画面で支払い金額を入力したあと、支払い確認画面の右下にある「設定」をタップ

ポイントの利用設定のやり方

上記3通りの支払い方法で設定をタップしたあと、次画面の利用設定の「使わない」・「すべて使う」・「一部使う」の中から使いたい項目を選びます

  • 使わない:ポイントは利用しない
  • すべて使う:貯まっているポイントをすべて利用する
  • 一部使う:貯まっているポイントから今回使いたいポイントだけ使う

 

父ちゃん
父ちゃん
一部使う場合は使いたいポイント数を入力してOKをタップで完了だよ

 

楽天ペイのデメリット

「楽天ペイ」提携店舗でしか使えない

「楽天ペイ」は実店舗・オンラインショップ共にどこの店舗でも使えるというわけではありません

『このお店でも使えればよかったのに...』と思うこともあるかもしれません

父ちゃん
父ちゃん
使えない店舗があるのは仕方ないけど
父ちゃんも複数のスマホ決済を使い分けてるんだよ

とはいえ、5,000店以上の提携店舗があり、2019年2月13日に実施されたインターネット調査ではQRコード決済サービスの中で国内利用者数No.1という結果もでています

これからもっと提携店舗数も増えていくであろう「楽天ペイ」に今後も期待が持てそうです

対象のクレジットカードが必要

そもそも「楽天ペイ」はスマホを使ってクレジットカード決済ができるというサービスですから、クレジットカード登録は必須です

これは、クレジットカードを何らかの事情で持てない、持ちたくない方には最大のデメリットになりますね

電波がないと使えない

「楽天ペイ」を利用してお支払いをするにはデータ通信が必要になります

「楽天ペイ」を使うような場所で電波がまったくないということはほとんどないと思いますが、地下など電波の届きにくい場所では使用困難になってしまう事があるかもしれません

父ちゃん
父ちゃん
支払いの時なかなかバーコード表示されないときがあってかなり焦ったよ!
母ちゃん
母ちゃん
それは困っちゃうわね!
それなら前もってアプリを開いてから支払いに行くようにすれば安心よね

 

おすすめポイント

ここまで「楽天ペイ」の登録方法から使い方、メリット・デメリットまでをまとめてきましたが、最後に「楽天ペイ」のおすすめポイントをまとめていきます

まずは、どんな人が「楽天ペイ」をお得に活用できるのでしょうか?

こんな人におすすめ
  • コンビニを頻繁に使う
  • 楽天カードを使っている
  • 楽天ポイントを貯めている
  • 支払いを簡単に済ませたい

以上のおすすめ項目のうち2つ以上当てはまるようなら、絶対に「楽天ペイ」を利用したほうがお得だと考えます

特に楽天カードを持っているなら「楽天ペイ」には対応クレジットカードが必要というデメリットを払拭できるのでメリットの部分が大きくなりますね

そして、おすすめの利用方法は「楽天ペイ」と楽天カードの組み合わせで「楽天ペイ」対応コンビニで利用することです

こうすることでポイント還元を最大限に活かすことができるわけです

  1. 街のお買い物200円で1.0%
  2. 楽天カード利用で0.5%
  3. Pontaカード・Tカード・dポイントカードなどのポイント0.5%~1.0%

 

この利用方法だと楽天スーパーポイント1.5%還元プラス各種コンビニのポイント0.5%~1.0%がもらえて最大2.5%の還元でかなりお得になります

父ちゃん
父ちゃん
父ちゃんはほぼコンビニでしか買い物しないからこの方法を使ってポイントザクザクだよっ!

今はポイントもばかに出来ない時代ですから、お得に貯めて賢く使うポイント生活をおくってみてもいいのではないでしょうか?

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ABOUT ME
RYUICHI
妻と5歳・0歳の息子2人と楽しく暮らす42歳父ちゃん 人生の中でのちょっとしたお得に感じる情報を紹介していきます

 

『賢く節約・お得に割引』

知らないと損をする【節約】や【割引】に関する特集記事の中から、お得なサービスや特典を探してお役立てください

記事一覧はこちら

 

──────────────────